猫にとって危険な食べ物・植物を知ろう!飼い主としての義務です

猫にとって危険な食べ物植物猫の健康
スポンサーリンク
管理人
管理人

猫の飼い主さんは猫にとって危険な食べ物をどれだけ把握しているでしょうか。

調べていく中でけっこう意外なものもあることに驚きます。

今回は猫にとって危険な食べ物・植物を特集していきます。

食べてはいけない生き物についてはこちらで特集しています。
猫がハエ・ゴキブリ・トカゲを食べる!危険性は?病原菌を持っている可能性も。
スポンサーリンク
「のはらねこ」は猫をメインテーマにしたブログです。ほかにも節約・100均についても強化中。現在、元ノラ猫の2匹の猫、クロちゃん・マロちゃんと暮らしています。ブログと猫たちの紹介

猫が食べると中毒症状を起こすもの

  • 玉ねぎ類
  • ニラ
  • ネギ
玉ねぎ、ニラ、ネギは赤血球を壊す成分が含まれるため貧血や血尿などを引き起こす。
管理人
管理人

玉ねぎの入った料理、煮汁などももちろんNG!
ハンバーグなどつまみ食いされないように注意。

  • チョコレートなどのカカオ類
  • コーヒー(カフェインを含むもの)
嘔吐、下痢、痙攣(けいれん)、脱水、異常な興奮などを引き起こす。

などなど。
他にも猫に与えてはいけないものは身の回りにたくさんあります。
随時更新してまいります。

スポンサーリンク

大量に与えると危険なもの

イカ

イカは猫に与えないほうがいいです。
量や、料理方法、鮮度などイカの状態よっても危険度は変わってきます。

【危険な食べ物】猫がイカを食べた!病院へ行くべき?危険性は?食べた後の対処方法は?

スポンサーリンク

食べると下痢になるもの

  • エビ・カニ・イカ・タコ・貝類
    牛乳(人間用)
  • きのこ類
  • こんにゃく
  • アボカド
  • 生肉・生魚(細菌や寄生虫が要る可能性がある)
  • 天ぷら油

など。

猫にとって毒となる植物

間違い

人間と猫共通で毒性の植物もありますが、中には人間は大丈夫だけど猫にとっては毒性のものも。
よく確認しておきましょう。

食べると中毒症状を起こす毒性の植物

  • ユリ
    (※茎、葉、花粉など全てが危険、いけていた花瓶の水を飲んだりしても中毒を起こします。)
  • スズラン
  • アジサイ
  • キキョウ
  • キンポウゲ
  • フクジュソウ
  • スミレ
  • パンジー
  • シャクナゲ
  • サツキ
  • ホオズキ
  • アマリリス
  • スイセン
  • ヒバンバナ
  • チューリップ
  • ヒヤシンス
  • ツツジ
  • トリカブト
  • ヒイラギ
  • ジャスミン
  • ブルーベル
  • アサガオ
  • フジ
  • イヌサフラン
  • ポインセチア↓
    猫が中毒を起こすポインセチア
  • シクラメン
  • クリスマスローズ

など・・・

管理人
管理人

冬になると飾る方も多いかもしれないシクラメンポインセチア、クリスマスローズなどは置き場所に注意です。
摂取量が多いと死に至ることも…。
基本的にどの観葉植物も猫ちゃんが生活するお部屋にはおかない方が賢明でしょう。

【私の失敗談】 猫がニラをたべた!?

最悪!

以前マロちゃんを庭で散歩させているときに、植えているニラを食べようとしていました。
慌てて辞めさせましたが、軽くかじってしまいました。
(▼ニラを食べようとした猫、マロちゃん)

猫マロちゃん

幸い、かじっただけなら大丈夫とネットにあったので様子を見ることにしました。
時間がたった後も何も変わりなくすんだのですが、好奇心旺盛な若い猫ちゃんは特に注意です。
(ニラをかじった当時マロちゃんは2歳)

もしニラを確実に食べた場合は病院へ行きましょう。

まとめ

好奇心旺盛な猫ちゃんはちょっと目を放している隙になんでもかんでも食べてしまいがちです。
飼い主さんはしっかり管理・監督を!(自戒の念を込めて…)

猫にとって危険な食べ物を十分に知っておくことで、安全でより良いキャットライフとなるはずです。

 

▼あわせて読みたい▼

猫がハエ・ゴキブリ・トカゲを食べる!危険性は?病原菌を持っている可能性も。

猫がムカデに咬まれたら?猫がムカデを食べたら?対処法を紹介!

【危険な食べ物】猫がイカを食べた!病院へ行くべき?危険性は?食べた後の対処方法は?

 

▼「キャットフードだから大丈夫」と言うわけでもありません…!▼

【キャットフードの知識】失敗しないフード選び!【飼い主として知っておきたい】

獣医師に訊いた!信頼しているキャットフードメーカーとは?フード選びのコツ!

タイトルとURLをコピーしました