猫の歯磨きのやり方は?オススメの歯ブラシ・歯磨きペーストも知りたい!

猫の歯磨き猫の健康
スポンサーリンク

猫の歯磨きってどうやったらいんだろう?

以前、歯肉炎・歯磨きについてブログに残しました▼
【猫の口が臭い】歯肉炎など口の病気の症状・治療・予防は?歯磨きは必要?

前回は「歯肉炎」をメインとした内容だったのですが、今回は以下を深掘りいたします。

  • 猫の歯磨きのやり方
  • オススメの歯ブラシ
  • オススメの猫用デンタルペースト(歯磨き粉)

子猫を最近飼い始めた方は必見。
子猫のうちから歯磨きを慣らすことで今後のケアがしやすくなります!

「成猫でもう歯磨きなんてできないよ」という方も安心してください。
歯に塗るだけで幾分か口臭や歯周病予防も望める歯磨きペーストサプリメントもご紹介いたします。

では解説していきます。

スポンサーリンク
「のはらねこ」は猫をメインテーマにしたブログです。ほかにも節約・100均についても強化中。現在、元ノラ猫の2匹の猫、クロちゃん・マロちゃんと暮らしています。ブログと猫たちの紹介

猫の歯磨き

猫の歯磨きは至難の業と感じる飼い主さんは多いはず…。
かく言う私もの一人…。

しかしやっぱり猫の歯磨きはしたほうがいい。
頻度としては、

理想は毎日。
最低でも週1回。

徐々に慣らしていく歯磨きのやり方をご紹介いたします。

スポンサーリンク

猫の歯磨きのやり方

いきなり歯ブラシを口の中に入れない

いきなり歯ブラシを猫の口に入れてはいけません。
びっくりして嫌がって一瞬のうちに歯磨き嫌いに!!

じゃあどうすればいいの?

1 まず口周りを触られるのに慣らす。

おやつを与えたり、デンタルペーストを舐めさせたりする。
その際に口元を触られることに慣れさせる。

オススメのデンタルペーストはコチラ。
ペッツルート『歯みがきジェル』
価格:798円(Amazonより・価格は変動しますのでご注意ください)

どうしても歯磨きが難しい子は指で塗ったり鼻先につけて舐めてもらうだけでも違うようです。

「デンタルバイオ」という錠剤のサプリメントを粉々にして塗る方法。
もちろん錠剤をのませるだけでも効果はありました。
「デンタルバイオ」価格:2941円(Amazonより・価格は変動しますのでご注意ください)
私としてはデンタルバイをオススメしたいです。愛用しています。

デンタルバイオは錠剤のままでも与えられますが粉々にして歯に塗ることもできます。
クチコミで効果があると目にしました。
口に手を入れることができる場合はこの方法はオススメ。

猫の健康をサポートしてくれる「デンタルバイオ」

この「デンタルバイオ」に出会ったのはマロちゃんの歯肉炎のアフターケアで獣医さんからいただいたことからはじまります。

デンタルバイオを飲ませてから歯肉の赤身も引き、口臭も軽減されたことから、今ではネットで購入して与え続けています!
個人的に歯磨きの代わりとして与えています。

デンタルバイオはチキン味なので、粒のままでも猫たちは好んで食べてくれます!

【猫の口が臭い】歯肉炎など口の病気の症状・治療・予防は?歯磨きは必要?

オススメの歯磨き効果のあるおやつ

おやつを与える際に口元を触る方法の中で、与えるのなら歯磨き効果のあるおやつを与えたいですよね。
「グリニーズ」歯垢を落とし、口臭を予防します。(※小麦が入っていますのでアレルギー持ちの猫ちゃんは注意)

「グリニーズ」はVOHC公認済みです!

VOHC(米国獣医口腔衛生協議会)とは??】
獣医歯科認定専門医たちをメインとしたの団体のこと。
ペットフードやおやつを精査し歯垢や歯石に有効的に働くかどうか精査を行っている。

つまりVOHC公認のおやつは有効性があるということ。
歯みがきおやつはVOHC公認のものを選ぼう!

管理人
管理人

日本にはVOHC公認商品はまだちょっと少ない様子…。

2 慣れてきたらガーゼ・コットンを使って歯磨き。

慣れてきたころにガーゼ指歯ブラシコットンなどに猫が好きなペースト状のおやつなどを付けて歯の表面を磨いていきます。

薄い白い手袋でもよいと思います。
100均などでも売っています。
軍手でもいいと思いましたが猫にとっては分厚いので…(中・大型犬ならいいかも)

ガーゼを綿棒に替えたり徐々に歯ブラシの形状に近づけるのもGOOD。

これを数週間続けていき慣らせてから歯ブラシを使ってみましょう。

オススメの歯ブラシ

さていよいよ歯ブラシを使って本格的に歯磨きができる状態になったら猫用の歯ブラシを手に入れましょう。
オススメの歯ブラシはコチラ▼

どちらもオススメ。
ヘッドが超小型で猫の口に入れやすいのが特徴。
柄の長さ、毛の軟らかさもちょうどよい。
絶対にヘッドの小さいものを選びましょう。

歯の磨き方

  • 上あごの臼歯の外側をメインに磨く。
    歯石や歯垢がつきやすいのは奥歯です。
  • 45度の角度で歯ブラシを動かす。
    (人間の歯磨きと同じですね)
    歯と歯肉の境目に45度の角度で歯ブラシを当て小刻みに動かします。
スポンサーリンク

まとめ

猫の歯磨きのやり方。

  • いきなり歯ブラシを使ってやるのはNG。
  • 口を触ることから始める。
  • 慣れたら歯ブラシを使う。ヘッドが小さい猫用のものを使う。
  • 歯の表面臼歯の部分を主に磨こう。

オススメの歯ブラシ

オススメの猫用デンタルペースト(歯磨き粉)

オススメの歯磨きおやつ


【あわせて読みたい。猫のボディーケアについて】
【猫の口が臭い】歯肉炎など口の病気の症状・治療・予防は?歯磨きは必要?
猫のあごにニキビが!原因とその後のケア・6つのおすすめ予防法も紹介!
猫のブラッシングのやり方は?おすすめのブラシの種類も紹介!
猫が爪とぎをする意味とは?爪とぎ防止対策を紹介。オススメ爪とぎ器も紹介!
猫草とは?猫に必要?うちの子は食べないんだけど…。毛玉対策になる?疑問にお答えします。

タイトルとURLをコピーしました