【猫のおやつ】煮干し・かつお節は控えよう|理由はミネラルが関係する!

猫とミネラル猫のごはん
スポンサーリンク

猫ちゃんのが大好きなものといえば魚介類、中でも鰹節や煮干しを美味しそうに食べるシーンが浮かびますよね。

しかし、「猫ちゃんに煮干し・かつお節はひかえたほうがいい」というのが正直なところなのです。
理由としては体のミネラルバランスを崩し病気になる恐れがあるからです。

今回は、

  • なぜ猫ちゃんに煮干しを与えることを控えたほうがいいのか?
  • 理由と深くかかわるミネラルバランスについて。

を、深掘りしていきます。

スポンサーリンク
「のはらねこ」は猫をメインテーマにしたブログです。ほかにも節約・100均についても強化中。現在、元ノラ猫の2匹の猫、クロちゃん・マロちゃんと暮らしています。ブログと猫たちの紹介

猫ちゃんに煮干し・かつお節をひかえたほうがいい理由

うちの2匹は煮干しかつお節が大好き!さらに原材料の欄をみると余計な添加物も少なく、素材の味そのままで安心!と思いがち。

管理人
管理人

以前の無知な私はそうでした…

しかし、

煮干し鰹節などの魚介類にはリンマグネシウムミネラル分が多く含まれています。
リンマグネシウムを摂り過ぎると体の中のミネラルバランスが崩れ尿路結石症(尿石症)の原因となり、リンの摂り過ぎは腎臓病になる恐れもあります。

餌の食いつきが悪いときなど、味付け程度少し添えたりしてあげるのがいよいでしょう。

同じく、生魚ささみを茹でたものにもリンマグネシウムは含まれています。こちらを与えるにしても、少しだけ与える程度がよいです。

管理人
管理人

ミネラルバランスがとっても大事!

スポンサーリンク

リン・マグネシウムとは?(摂りすぎはNG!!)

リン…骨や歯を構成する材料となる、体に必要なミネラル成分。魚介類、肉、チーズなどに多く含まれている。
マグネシウム…リンと共に骨を構成する働きなどがあるミネラル成分。魚介類に多く含まれている。

 

煮干しの頭部にはミネラル分が特に多いです!!
与える際は取り除いてあげるとよいでしょう。

まとめ

煮干し・かつお節をひかえないといけない理由は??

煮干し鰹節などの魚介類にはリンマグネシウムのミネラル分多く含まれているから。
リンマグネシウムを摂り過ぎると体の中のミネラルバランスが崩れ尿路結石症(尿石症)の原因となり、リンの摂り過ぎは腎臓病になる恐れもあるからです。

毎日大量に与えることは絶対にやめてください。

 

関連記事>>>猫におやつは必要?おやつを与える際の注意と獣医さんオススメのおやつ。

★猫のおやつに関してはこちらの記事も参考にしてみてください。

 

【参考書籍】
今回の煮干しの注意点や、主にオススメのキャットフード、おやつなどを正直に評価しています。


※ちなみにこのような猫に関する書籍を買うときは当たり前ですが必ず最新のものを買いましょう!猫に関する情報は日々新しくなっています。

 

【あわせて読みたいキャットフードの知識・猫の栄養学】

【キャットフードの知識】失敗しないフード選び!【飼い主として知っておきたい】

猫がエサを食べた直後に吐く!早食いの消化不良が原因かも。防止対策はコレ!

猫の餌はずっと同じでいい?味に飽きない?いろいろ変えていいの?

獣医師に訊いた!信頼しているキャットフードメーカーとは?フード選びのコツ!

正しいキャットフードの保存方法と100均の餌保存容器にぴったりのアイテムを紹介。

猫が餌をちびちび食たべる!原因と対策は?置き餌はダメ?正しい餌の回数は?

【グレインフリー】ニュートロナチュラルチョイスを試してみた【キャットフード】

ピュリナワングレインフリーってどうなの?安全性・クチコミは?評価します!

猫の便が最後だけゆるい(または下痢)!原因と治療は?食物アレルギーかも。

【猫の健康】愛猫の成長と長生きのために!知っておきたい猫の栄養学!

余談

昔とは違い今ではいろんな情報が手に入ります。そうなったことで猫を飼うことにいちいち神経質になってしまいがちです。(私はちょっとそうです…)

「ちょっと猫の様子がおかしい」「ここが変」と思ったらすぐにネットで調べて「病気かも!?」と思ったり…。

そうではなくてもっと余裕をもって猫たちと暮らせたらと思いました。人の体だって今でもわからない部分はたくさんあります。

つまり何が言いたいのというと、そこまで細かく神経質にならずに楽しくキャットライフを送りましょう!ということです。

今回の煮干し、かつお節だって「絶対に与えてはいけない!」というわけではありません。タイトルにあるようにあくまでも「ひかえよう」という呼びかです。

煮干し、かつお節が大好きな猫ちゃんもいると思います。「明日から完全に辞める!」ではなく徐々に減らす感じでよいと思います。猫のダイエットに関してもそうですね。

ちょっと今まで猫に関しての記事を書いてきて思っていたことがプチ爆発しました。

今回の記事が猫飼いさんの力になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました