キャットタワーはどう選べばいい?大切にしたいポイントは4つ!

キャットタワーの選び方
スポンサーリンク

キャットタワーを買いたい!
でもたくさんの種類があって迷う!
選び方のコツがあったら教えて!

いまやキャットタワーと調べたら山のように商品が出てきます。
その商品の数におぼれそう…。

いったいどれを買えばいいのかわからないから結局買わずじまい…
なんて本末転倒なことは無いでしょうか。(私はそんな時期がありました)

私自身、過去3つほどのキャットタワーを購入しています。
その際に部屋の環境や猫たちの特性から導いた選ぶポイント大事にした条件などを紹介していきます。

▼結論としてこの4つのポイントを個人的には重視しています。

  1. 高い部分に猫の体が伸ばせる広々スペースがあるもの
  2. 高さがあるもの(140cm以上は欲しい)
  3. 柱部分は爪とぎになっているもの
  4. 小部屋はそこまで必要ない

細かく見ていきます。
みなさんのキャットタワー選びの参考となれば幸いです。

スポンサーリンク
「のはらねこ」は猫をメインテーマにしたブログです。ほかにも節約・100均についても強化中。現在、元ノラ猫の2匹の猫、クロちゃん・マロちゃんと暮らしています。ブログと猫たちの紹介

てっぺんは絶対に広いものがいい

高い位置に広いスペースがあるものを選びましょう。

これは見つけるのにちょっとてこずりました。
置くタイプのキャットタワーだとバランスを考えたら必然的にてっぺんは小さくなるものです。
じゃないとバランスが悪くなりますから。

そんな中まあまあ自分の理想に当てはまったキャットタワーがこちら。▼

てっぺんだけではなく中間部分もけっこう広いスペースです。

▼巨体な猫(♂茶トラ5kg以上の子)も体を伸ばせます。(少しはみ出ますが)
なんだかんだここが一番お気に入りです。

Amazonで購入「FEANDREA キャットタワー」

 

▲こちらのキャットタワーについては以下の記事を参考にしてみてください。
【失敗しないキャットタワー】FEANDREA キャットタワーがオススメ!【Amazon】

突っ張りタイプだとてっぺんも広いものが多くあります。
うちは家の構造上突っ張れないので断念。
突っ張るタイプは倒れる心配もないメリットがあります。

突っ張りタイプのキャットタワーでよく売れてるもの。
▼「アイリスプラザ キャットタワー 突っ張り式」


狭いお部屋や、お試しにキャットタワーを買ってみたい方にオススメ。
▼「【RAKU】猫用爪とぎ キャットハウス キャットタワー」

うちも使っています。上部が広く体が伸ばせるところが非常に良いと思っています。▼ダンボールキャットタワー2-3
関連記事>>>ダンボール素材のキャットタワー(キャットハウス)を購入!オススメです!

 

キャットタワーの置き型タイプははてっぺんに行くにつれて小さくなっていくものが多いですが、中には立方体タイプで要塞(?)のようなキャットタワーもあります。

部屋が広ければこちらを選びたかったですが断念。
広いお部屋の方はオススメです。かなりのびのびとできそう!

▼「NEOLEAD キャットタワー」

スポンサーリンク

高さがあるものがいい

猫は高いところが大好き。
関連記事>>>猫はなぜ箱に入る?高い場所が好きなのはなぜ?【かわいい箱詰め猫写真あり】

部屋の広さ天井の高さなどを考慮してできるだけ高いキャットタワーを買ってあげたいものです。

▼我が家の場合
8畳くらいのオーソドックスな和室(天井低い)です。
140cmくらいのキャットタワーを置いています。
Amazonで購入「FEANDREA キャットタワー」

高すぎず低すぎずで個人的にはちょうどよく感じています。
(自分の身長と近いのもあるけど)

管理人
管理人

そこまで圧迫感も無くちょいうどいい感じです。

ハンモックが付いている

お椀みたいなハンモックに収まる猫ちゃんが可愛くてうらやましかったので、うちもできたらこのハンモックが付いているキャットタワーがいいなと思っただけ。
完全に飼い主の願望。

▼左部分のものです。

入ってくれた時はそれはもう嬉しかったので踊りました。
意外と入ってくれるものです。▼
Amazonで購入「FEANDREA キャットタワー」
このような可愛い姿を見たい飼い主さんにはオススメです。

柱部分は爪とぎになっているものがいい

うちのマロちゃんは柱型の爪とぎが大好き。
いまあるキャットタワーの柱はもうボロボロです。
キャットタワーの爪とぎ
力が強く体の大きい猫ちゃんの場合は柱型の太い麻紐が巻いてある爪とぎを好む傾向にあると思います。
(段ボールの爪とぎではものたりないかも)

一方、メスでマロちゃんよりも体が小さく手も小さいクロちゃん(♀)は麻ひもの爪とぎをあまり使いません。

関連記事>>>【猫の爪とぎ】爪とぎの意味は?オススメ爪とぎ器・爪とぎ防止対策を紹介!

部屋は必要ない?

キャットタワーには小部屋が付いているものが多いです。

▼こういう巣箱みたいな部分。
Amazonで購入「FEANDREA キャットタワー」
はっきりいって必要ないと感じていました。
が、急に寒くなる時期(9月とか)に小部屋に入っているときはありました。

あってもなくてもいいと思います。

猫は本当に気まぐれで入らないときは一切入らないし入るときは入ります。(当たり前か)

子猫・シニア猫に向くキャットタワー

子猫にはコンパクトなサイズの物でも十分です。シニア用は一段一段が小さく低いものがオススメ。
シニア・子猫用のAmazonで売れているキャットタワーはこちら。▼

 

Amazonで子猫・シニア用のキャットタワーを探してみる。

▼小さいタイプのキャットタワーのレビューをしています。
猫2匹のために2段タイプの小型のキャットタワーを購入!メリットデメリットは?

まとめ

▼個人的にキャットタワーを選ぶコツ・条件▼

  1. 高い部分に猫の体が伸ばせる広々スペースがあるもの
  2. 高さがあるもの
  3. 柱部分は爪とぎになっているもの
  4. 小部屋はそこまで必要ない

キャットタワーを設置する部屋の広さや猫ちゃんの年齢体型やクセもありますので選び方は千差万別。
今回の選び方のポイントはあくまでも参考程度にしていただけたらと思います。

 

関連記事
【失敗しないキャットタワー】FEANDREA キャットタワーがオススメ!【Amazon】

Amazonでほかのキャットタワーをさがしてみる。

楽天でキャットタワーを探してみる。

 

▼キャットタワーに関する関連記事▼

【失敗しないキャットタワー】FEANDREA キャットタワーがオススメ!【Amazon】

ダンボール素材のキャットタワー(キャットハウス)を購入!オススメです!

猫2匹のために2段タイプの小型のキャットタワーを購入!メリットデメリットは?

タイトルとURLをコピーしました