【片づけのコツ】「縁」を信じたらサクサク進む!【ミニマリストになりたい猫飼い】

片づけがサクサク進むコツ!生活の技
スポンサーリンク
管理人
管理人

【ミニマリストになりたい猫飼い】
理想はトランクひとつで引越し♪

管理人
管理人

でも今の状態じゃぜったい無理…。
なんか知らんけどモノが多い!いつも押し入れはパンパン!
というタイプの人間です…。

同じような方、結構いるんじゃないでしょうか…。

本気でモノを少なくしたい!片づけたい!引っ越しもしたいし!と、何冊か片づけ本も読んできました。何冊かの片づけ本の内容はけっこう共通した部分もあり、つまりそこは片づけをする上で非常に重要なポイントだと認識しました。

結論としては、

  • 収納家具を減らす。
  • 「ときめき(好きか嫌いか)」を主軸にモノを捨てるか残すかを選択していくこと。
  • 必要なモノは捨ててもまた巡り巡って自分の元へ帰ってくるという「縁」信じればモノを手放しやすい。

というわけで今回は片づけのポイントを自分の備忘録もかねてまとめてご紹介いたします。

スポンサーリンク
「のはらねこ」は猫をメインテーマにしたブログです。ほかにも節約・100均についても強化中。現在、元ノラ猫の2匹の猫、クロちゃん・マロちゃんと暮らしています。ブログと猫たちの紹介

収納家具を減らす

本

収納家具を減らす!

モノが増える人の特徴の一つとして収納家具を買い足すという習性が…。

管理人
管理人

あるあるですね。思い当たる節があります。

 

シンプルに収納場所を減らせば収納する場所が無いからモノを減らさざるを得ないです。

ちょっと苦しいかも知れませんが効果テキメンです。私も徐々にですがたくさんあるカラーボックスメタルラックを減らしています。

スポンサーリンク

「まだ使える」は禁句!要は好きか嫌いか

こんまり先生の脚光を浴びた一言、

「ときめく」かどうかで判断する。

私自身、これは片づけをする上で初めて出会う考え方で衝撃を受けました。要は好きか嫌いかで判断するだけのシンプルな考え方。

私はお菓子の箱やヨーグルトのカップですら「何かに使うかも」と思ってとっておく性格なので。

「まだ使えるからとっておこう」とモノを捨てないでいるとどんどんたまる一方です。何か知らんけどモノが多い方はこのパターンが多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

魔法の一言「手放すことで本当に必要なモノがやってくる」

ときめかないけどまだ使えるモノを捨てようとしたときによぎる不安、

「いつか使うんじゃ…」

片づけの先生方は一同口をそろえて「使うときは来ない」と言い放ってます。

手放すことで本当に必要なものがあなたのもとへすぐにやってきます。

「コミック版 たったい一分で人生が変わる片づけの習慣」より

物を持つ=執着でもあります。
「執着」をずっと持っておくって明らかに体に悪い気がします。

占いのような風水のような感覚ですが、片づけの先生方は口をそろえてこれを言っているから不思議。信じざるを得ません。

片づけの本ではないですが、ぐっと来たフレーズがあったのはこの本でも。
「たった2分で、やる気を上げる本。」(千田琢哉)

古い資料を捨てると、仕事が舞い込んでくる。

「たった2分で、やる気を上げる本。」より

実際に著者の千田氏は1年間触れなかった資料はどんなに重要でも手放すと決めているそうです。
なぜならその次には仕事が舞い込んでくるから!

非常に魅力的なフレーズですよね。古い資料を全て捨てたくなりました。(まだ全てを捨てる勇気が出ませんが…)

【本の片づけ方法】「縁」を信じる

ハッピー

本の片づけは難関です。

ここでもこんまり先生の言葉がガツンと来ました。

「大丈夫です!ご縁があれば本はまたやってきます!」

「マンガで読む 人生がときめく片づけの魔法」より

漫画の中のこんまり先生のセリフです。

この言葉を胸に本を仕分けるとサクサクはかどります。最近は電子書籍もあっていたれりつくせりの時代。本を手放すことにそう恐れをなすことは無いと感じました。

ほか、本の仕分けサクサクポイントはこちら

  • 本の中身は見ないで仕分ける
    中身を見てしまうと迷いが生じます。表紙を見てときめくかそうでないかで決めて。
  • 本はタイミング!積読本が読まれるときは来ない!
    積読本は手放しましょう。

積読英会話資格取得のための手を付けていない本が開かれることはもうないです。躊躇なく手放しましょう。

管理人
管理人

といっても「また勉強したくなったら?また買うのはお金の無駄じゃん!」と考えが錯綜…。しかしここは「縁」を信じ、手放しましょう。

「本はタイミング!」を実感した失敗談
これは私にも心当たりがあります。
本屋で読みたい本を見つけましたがその場では買わずケチって中古で買いました。
通販だったので数日後に本が到着。
そうするともう読みたい気持ちが無くなっていたのです…。本屋でケチらずにスパッと買っておけば…。
矛盾しているようですがケチは損しますね。
今では読みたい本があったらすぐに買います。本に糸目はつけません。

オススメの片づけ本

基礎知識

今回参考にした本をご紹介。最近は活字をコミックにしたビジネス書が多く出版されています。サクサク読めてしかもわかりやすいのでオススメ。

現在、片づけに関しては下の2冊をバイブルに頑張っています。

片づけ本の中には散らかり方が軽度・重度とありますが、重度の方の書いた片づけ本から得られるものは少なかったです。「そこまで汚部屋ではないし、そんなこと前からやってるよ」という感じで。

上の2冊は軽度・重度の方でも収穫のある本だと思います。

まとめ

ハッピー

片づけのコツはこれ!

  • まだ使えるは禁句!要は好きか嫌いかで判断!
  • 「縁」を信じて手放す。
    手放すことで「新しい風」や「流れが入ってくる」という法則を頭に入れて片づけをする。

総じて私は片づけをする中で「縁」はもちろん。「引き寄せ」「宇宙のエネルギー」だとかそういう力も感じ、「片づけって奥が深い!」と感じざるを得ませんでした。

今回の記事で皆さんのお部屋がきれいにスッキリするお手伝いができたら幸いです。
片付けをして一緒に生まれ変わりましょう!

タイトルとURLをコピーしました