【節約術】原因は脳にあった!お金の節約上手になるには脳を鍛えよう!

お金の節約 節約脳生活の技
スポンサーリンク
  • お金が全然貯まらない
  • ついつい衝動買いをしてしまう
  • 無駄遣いを減らしたい

こんなお悩みを持つ方は多いと思います。

何を買って何を買わないか、判断しているところはどこでしょうか?
ズバリ「脳」です。つまり、

脳にいいことをする=無駄遣いが減る!

ということです。

参考にした文献は「今日からお金が貯まる脳トレ」加藤 俊徳

今回はこちらの本から私が勝手にチョイスした部分をざっくりと簡単にまとめてお伝えしていきます。

結論としては、以下をすることで節約脳になれます。

  • 良く寝る
  • 自分をほめる
  • 掃除をする
  • 運動をする

一見お金の節約とは全く関係ないようにも思えますが、今回は「脳」からアプローチする節約術ということをお忘れなく。では細かく見ていきましょう。

スポンサーリンク
「のはらねこ」は猫をメインテーマにしたブログです。ほかにも節約・100均についても強化中。現在、元ノラ猫の2匹の猫、クロちゃん・マロちゃんと暮らしています。ブログと猫たちの紹介

無駄遣いを減らす節約脳になろうー4つの方法ー

今回参考にした書籍今日からお金が貯まる脳トレは、なかなかおもしろい切り口()からお金の話が始まりますが、そもそもお金を使う使わないの判断をするのは全て「脳」です。今までこのような書籍がなぜなかったんだ、と逆に不思議に思うくらいです。

人は欲求不満になるとお金を使うことで解消しようとします。
まずは体から、脳から節約志向になりましょう。

よく寝る

ベッド

7時間は欲しいところ。寝ることで脳を十分に休めることが大事。これだけで無駄遣い、衝動買いが減ります。

自分をほめる

ほめられると脳はぐんぐん成長します。買い物時、「これは無駄かどうか?」という判断を的確にできるようになります。

掃除をする

清潔

片づけは脳内も整理してくれます。毎日がおススメ。

マロちゃん
マロちゃん

小さい範囲でOK。棚の一段目だけ、とか。

運動をする

運動

週2~3、1回1時間の有酸素運動をしよう。脳にも体力が付きます。

ウォーキングが手軽で始めやすです。ひざにも負担がかからりません。

スポンサーリンク

まとめ

  • 良く寝る
    7時間は確保して。
    脳をしっかりと休めることで判断が的確に。
  • 自分をほめる
    自分をほめることで脳を成長させる。
  • 掃除をする
    掃除片づけで自分の脳の中も整理されていく。
  • 運動をする
    脳に体力をつける。

今回ご紹介した行動は節約脳のためだけでなく、健康な生活を送るためにも欠かせない日々の行動です。

管理人
管理人

つまり、キチンと健康的な生活を送る人たちは自然と無駄遣いが減り、お金がどんどん貯まることを知らずにしているってことですね。

今回の記事がお役に立てたら幸いです。一緒に健康に節約脳になりましょう。

お金・節約についてはコチラの記事もどうぞ。

【参考文献】

タイトルとURLをコピーしました