猫は拭くタイプのシャンプーがオススメ|定期的に被毛を拭くことで健康維持に

猫を拭こう猫の健康
スポンサーリンク

猫はシャンプーしたほうがいい?

管理人
管理人

うちでは「猫にシャンプーは必要ない」とかかりつけの獣医さんから言われて今までシャンプーしたことがありません。

しかし今回、
「猫は定期的に被毛を拭いて清潔にしたほうが病気のリスクを低くできる」
という情報を目にしました。(参考書籍:獣医にゃんとすの猫をもっと幸せにする「げぼく」の教科書

その理由を簡単に言えばこうです。
猫はグルーミングをします。その際にもし被毛に有害な物質が付いていたら?猫は舐めとって有害物質は体内に…。
そうなる前に定期的に猫の体を清潔にしておこう、と言う意味です。

今回は「猫の体を拭く重要性」「身近に潜む有害物質」などを詳しく見ていきます。

スポンサーリンク
「のはらねこ」は猫をメインテーマにしたブログです。ほかにも節約・100均についても強化中。現在、元ノラ猫の2匹の猫、クロちゃん・マロちゃんと暮らしています。ブログと猫たちの紹介

猫の被毛を定期的に拭く(清潔する)理由

獣医 動物病院
有害物質の一つとして煙草があります。煙草はがんの原因として一番に挙げられる極悪根源。それは人間にとっても猫にとっても。

喫煙者がいる家の猫ちゃんは血液のがんである「悪性リンパ腫」になる確率が最大4.1倍に跳ね上がる可能性が指摘されているのです。

(参考書籍:獣医にゃんとすの猫をもっと幸せにする「げぼく」の教科書)

猫飼いの喫煙者はもちろん禁煙してほしい。
しかし普段煙草を吸わない人でも安心できません。なんと煙草の煙が無くても喫煙者がそばにいるだけで喫煙者の体や衣服についた有害物質を家に持ち帰ってしまう場合もあるというのです。

そのあと猫の体についてしまったら…
最悪の未来がたやすく想像できるはずです。

スポンサーリンク

猫のシャンプーについて

夏と猫
ここからは猫のシャンプーについて深掘りしていきます。また、長毛種の猫ちゃんであれば多少は話が変わってきます。見ていきましょう。

猫のシャンプーはやはりストレス要因

獣医さん
獣医さん

シャンプーはしなくていい

と、かかりつけの獣医さんから言われましたので2匹の猫は生まれてこの方洗ったことがありません。

また、猫をシャンプーすることでストレスの指標の血糖値・乳酸値が大幅に上昇し、猫にとって多大なストレスを与えてしまうことが分かっています。

お風呂に入れると猫のストレスの指標である血糖値や乳酸値が大幅に上昇することもわかっており、いくらがんの予防のためとはいえ、ストレスを与えてしまっては元も子もありません。
(参考書籍:獣医にゃんとすの猫をもっと幸せにする「げぼく」の教科書)

長毛種の場合シャンプーは必要?

短毛種にいたっては「シャンプーは必要なし、セルフグルーミングで十分」という同じような意見が並ぶ一方で、長毛種に関しては2つの意見が確認できました。

▼長毛種はシャンプーしたほうが良いという意見。

長毛種は、品種改良によって毛がながくなったものであり、ネコが本来もっているグルーミング能力でだけでは間に合わない。

(参考書籍:猫を長生きさせる50の秘訣)

▼長毛種はシャンプーしなくても良いという意見。

毛の長い猫でもコームで整えるだけで、シャンプーをしなくても管理できるはずだけど?
(参考書籍:猫医者に訊け!)

「猫医者に訊け!」シリーズはなかなか辛口な獣医さんが登場する本です。

さらにこう続きます。
「猫をシャンプーするするくらいなら部屋を水拭きで掃除すべき!」
とのこと。

先述したようにシャンプーは猫のストレス値を上げてしまいます。
そうであれば、猫のいる部屋を極力きれいにして定期的にブラッシングと体を拭いてあげることが最良策と言えるかもしれません。

猫の体を清潔にする方法

猫の飼い主
猫の体を清潔にする方法は全身を水で濡らすシャンプー以外にもあります。見ていきましょう。

ガーゼで拭く

管理人
管理人

ガーゼで拭くだけでもツルツルふわふわになります。

  1. 軽くガーゼを濡らし絞る(冬場はぬるま湯がいいです)
  2. 濡れたガーゼで猫を拭く(猫の舌が届く範囲は重点的にすると良いかも)
  3. 新しい乾いたガーゼで乾拭きする

これだけ。

ガーゼは100均ダイソーがお安くてためらいなく使えてオススメです。
猫ニキビのガーゼ
あるいはキッチンペーパーでもいけます。以前紹介したダイソーのダイソー「洗えるキッチンタオル」が破けにくくてオススメです。

ダイソー「洗えるキッチンタオル」
関連記事>>>ダイソー「洗えるキッチンタオル」は猫のお世話にも使えて節約便利!

ペット専用のウェットティッシュで拭く

猫が万が一舐めても大丈夫な拭くタイプのシャンプー(シャンプータオル)の販売もあります。

▼ダイソーでは手袋状のタイプもありました。

ペット用のシャンプータオルは万が一犬猫が舐めても安全だとは言いますが水拭きが一番安全なんじゃないかと思います。個人的に。

まとめ

夏と猫

猫の体を定期的に拭くことでさまざまな有害物質から猫を守ることができる!

ガーゼやキッチンペーパーで定期的に猫ちゃんを拭いてあげてください。散歩や病院へ行った後などは重点的に!

 

【あわせて読みたい】

猫の耳掃除は必要?耳掃除の仕方・耳ダニなど耳の病気の治療も解説

【猫】目やにが片目だけでる|原因と目やにのケアを解説【写真あり】

 

【参考にした書籍】

獣医にゃんとすの猫をもっと幸せにする「げぼく」の教科書

猫医者に訊け!

ネコを長生きさせる50の秘訣 ごはんを食べなくなったら?鳴き声はストレスの表れ? (サイエンス・アイ新書)

タイトルとURLをコピーしました