初めて雪を見る猫の反応は?色は分かる?猫の視力に迫る!【猫の五感】

猫と雪と視力猫のフシギ
スポンサーリンク

雪と猫って幻想的。
ところで猫にとってはどのように見えているんだろう?
そもそも猫の視力って?

年末、久しぶりにうちの地域にも雪が降り積もりました。

今回は初めて雪をみたときの猫の反応と、猫にとって雪ははどう見えているのか?猫の視力についても迫ってみました。

それではまいりましょう。

スポンサーリンク
「のはらねこ」は猫をメインテーマにしたブログです。ほかにも節約・100均についても強化中。現在、元ノラ猫の2匹の猫、クロちゃん・マロちゃんと暮らしています。ブログと猫たちの紹介

猫のマロちゃん初めて雪を見る!

さて2017年に我が家へやってきたマロちゃんにとっては初めての雪。

深夜に何度も窓のそばに行き、雪を不思議そうに、まあまあ警戒しながらながめているのでした。▼

猫と雪と視力

ちょっと窓を開けたら雪が入ってきてびっくりして部屋の奥に引っ込みました。(なんだよ~)

▼2014年にうちへやってきたクロちゃんに関しては雪は見たことあります。写真は2016年のもの。こちらも不思議そうに雪を眺めています。黒猫と雪のショットは幻想的です。

猫と雪と視力

▼初めて見た雪に恐れるマロちゃん(笑)

雪と猫▼何が降ってきてるんだ??
猫と雪

▼マロちゃんには朝、再度雪を見せてあげました。

猫と雪と視力▼舐めました!
猫と雪と視力
▼いつも冷やかす友達の金魚は凍っていました…。(実際は氷の下で生きています)

猫と雪と視力

管理人
管理人

雪楽しいねえ!見られてよかったねえ!

▼クロちゃんにも2021年の雪を感じてもらいます。
猫と雪やっぱり何度見ても不思議なようです。目がまんまる(笑)

▼マロちゃんよりは冷静。
猫と雪
▼鼻についた雪をぺろり。猫と雪

スポンサーリンク

【猫の視力】猫に雪はどう映る?色は認識できるのか??

雪を眺める猫を見てふと疑問が。
雪の色は分かっているのかな?

結論として猫が判別できる色は

  • 黄色・青・黄緑 
  • そのほかの色はグレーのようなくすんだ色

(※諸説あり)

ということは雪はグレーのようなくすんだ色に見えているのでしょうか。(白と黒は判別できるという情報があったので断言はできません…)

まだまだ猫の体、視力に関しては未知の領域のようです。人間の体でさえ全てわかっているわけではありませんから当たり前ですね。

近頃の研究では猫は紫外線が見えているとの報告も。よく猫が何もないところをじっと見ているシーンに出くわしますがあれは紫外線に反応しているのかも…?

 

管理人
管理人

数年前の図鑑なら猫は色の判別はできないと書かれていたことでしょう。
ちなみに話は逸れますが図鑑は最新版を買いましょう。

ほか、猫の目の特徴として…

  • 暗い場所でも見える。(猫の祖先は夜行性だったため)
    猫は人間がモノを見るのに必要な光の量の1/6しか必要としない。
    わずかな光で猫はモノを見ることができる。
    人間とは違い網膜の下の層に「タペータム」という光を反射する膜がある。
    光を当てると目が光るのはこのため。
    タペータムは光を跳ね返す鏡のような構造で跳ね返された光によって網膜は光の刺激を多く受け、暗がりの中でも明度を上げて物を見ることができる!
  • 視野は両目を使って285度。
  • 視力は0.2~0.3。視力は人間の1/10くらい。
  • 近眼。
    近くのものに焦点を合わせることができない。
    25~30センチ以内のものは見分けられない。
    最もよく見える距離は75センチ。
  • 動体視力に優れる(動くものを捕らえる視力)
    逆に止まっているものを見分けるのは苦手。

目の見えない猫は生きていける?世話はどうする?

保護猫活動をしておられる方の中で目の見えない猫のお世話をしている方を見ました。

普通の猫よりは若干手はかかるかもしれませんが猫ちゃん自身はそれほど不自由していない様子。

実際私は目の見えない猫を保護した漫画家さんの漫画も読んだことがあります。
大変興味深い内容で、猫の場合、視覚の他に人間より優れた鋭い聴覚や嗅覚がありますのでそれで補完している感じ。遊んだりもできるし、エサも問題なく食べられる様子が描かれていて安心した記憶があります。

関連記事>>>【猫の雑学】猫の嗅覚ってどのくらい?面白い顔でにおいをかいでいる!なぜ?

目の見えない猫を飼う場合、獣医さんからのアドバイス▼

階段なんかは一番危険なので注意してもらいたい。
全く目の見えないネコを何頭も診察してきたけど、なぜかみんな穏やかな性格で、何不自由ないように見えた。

たとえばケージの中にはいったまま、ずっと暮らすのも悪くないだろう。
残念ながら、狭い場所がかわいそうだと思っている飼い主が圧倒的に多い。
ネコにとってのストレスは目まぐるしく環境が変わることであって、多少狭くても清潔で安定した環境を好む動物だから、毎日同じケージの中にいるほうが安心できる。

猫医者に訊け!より

こちらの雑誌「黒猫まみれ」に目の見えない猫「チャムちゃん」の特集があります。▼

雪の日、町も静か、猫も静か。

雪の日は雨の日のように猫たちも静かでした。寒くてそれどころじゃなかったのかもしれませんが。「外に出でたい!」とは言いません。助かりました。(私も寒いので)
(うちではたまに狭い庭をリードを付けて散歩させる習慣があります)

▼あわせて読みたい▼

抜けない猫のハーネスは100均ダイソーがおすすめ!お散歩が快適に!

雨の日、猫が静かで寝てばかりな理由は?外にも出たがらないから心配。

まとめ

猫と雪と年末
【初めて雪を見た猫の反応は…?】

  • とても不思議そうに降る雪をじっと眺めていた。
  • 興味津々で何度も窓のそばへ行く。

【猫の視力について】

  • 猫は色の識別が苦手。
    猫が見える色は…黄色・青・黄緑、そのほかの色はグレーのようなくすんだ色(諸説あり)
  • 視力は0.2~0.3。
    視力は人間の1/10くらい。
  • 近眼。
  • 動体視力に優れる(動くものを捕らえる視力)

【目の見えないネコを飼う場合】

  • 階段には注意して。
  • ケージで飼うことも検討して。

 

▼おまけ「ネズミ年は終わり!僕が食べておくにゃ」

猫と雪と年末

(※実際ネズミかまぼこは猫に与えておりません。)

 

マロちゃん
マロちゃん

寒い日が続くけど体調管理には気を付けてねー。

【参考文献】


タイトルとURLをコピーしました