ゼブラのノック式サインペンが便利!キャップ不要で楽ちん!仕事・勉強はかどる!

ゼブラ ノックサイン生活の技
スポンサーリンク

多くのサインペンにはキャップがついています。いちいちキャップを外して書いてまたキャップをつけて…。

管理人
管理人

正直めんどくさい!

だからと言ってキャップを外しっぱなしにしているとペン先が乾いてインクが出なくなる…。そんな中、Amazonで水性のノック式のサインペンを発見。その名も

「Knock Sign(ノックサイン)」(ゼブラ)

ゼブラ ノックサイン

「めちゃ便利に決まってる!こういうの待ってた!めんどくさがりな自分のためのペン!」と即購入に至りました。

結論としては現在めちゃめちゃ活用してます。お気に入りです。

というわけで今回はノック式サインペン「Knock Sign(ノックサイン)」をご紹介していきます。

スポンサーリンク
「のはらねこ」は猫をメインテーマにしたブログです。ほかにも節約・100均についても強化中。現在、元ノラ猫の2匹の猫、クロちゃん・マロちゃんと暮らしています。ブログと猫たちの紹介

ノックサインの特徴

キャップなしで出しっぱなしにしていても乾かない水性サインペン。
これが最大の特徴です。

自分は今まで油性のノック式はみたことあったんですが(もちろん使ってましたよ)水性ははじめてお目にかかった次第です。

仕組みとしては蒸発しにくい成分を含んでいたり、空気中の水分を吸収する新インク「モイストキープインク」というようです)を採用しているようです。
真逆のことをするインクなのですね…。すごい。

採点をする学校、塾の先生などもレビューを見ると需要があるようです。

スポンサーリンク

使ってみた感想

結論としてはいい感じです。出しっぱなしにしても本当に乾かない、かすれてない。素晴らしいペンです。

ただ、欲を言えばもう少し太字が良かった…。ペン先をつぶす荒業をしようか?と考え中…。

ゼブラ ノックサイン
また、裏写りしやすいという問題が?100均のルーズリーフで書いていたからか??そこはちょっと謎ですが、いい紙に書けば問題ないでしょう。とにかくインクの出がいい、ということですね。

今まで私は太い線を書きたい際はペンにキャップのついたサインペンを使用していました。ただサインペンはご存じのようにキャップを外したままだと乾いてカスカスになります。またキャップを無くしたりということも結構していました。(子供か…)

だから苦肉の策(?)としてサインペンの代わりに赤鉛筆クーピーも駆使していました。しかし、これはあまり目立たないし書く際に少し力がいる、という不満がありました。

そこで出てきたのがこの乾かないサインペン。今までになかったですよね。最高です!

さらに言えば、私くらいズボラになるともうノックしたまま放ってます。ペン先出したままです。それでも乾かない!すばらしい!

どこで売ってる?価格は?

どこで買う?買い物

私はAmazonで買いました。5色660円。

カラーバリエーション豊富なバージョンもあります。

名前が違って「CLICKART(クリッカート)」というようです。(同じゼブラです)でも仕組みは同じ様子。
色のバリエーションがいろいろあって例えば「明るくライトな色合い12色セット」は858円。

とってもきれいな色です。学校での勉強、大人の塗り絵で購入する方も多いみたいです。

(※すべて2020.6.24時点での価格。価格は変動するのでご注意ください)

まとめ

ゼブラの「Knock Sign(ノックサイン)」は便利!

【ノックサインはこんな方にオススメ!】

  • サインペンをよく使う方
  • キャップを外す作業がめんどくさいと思う方
  • スピーディーさを重視する方
管理人
管理人

新しい文房具を買うとなんだか気持ちが上がりますよね~。
童心に返るような…。

そんな意味も含めてゼブラの「Knock Sign(ノックサイン)」はオススメです。

マロちゃん
マロちゃん

ぜひおためしを~♪

文房具についてはこちらの記事も参考にしてみてください。
タイトルとURLをコピーしました