【ダイソー】ストレスフリーなタッパー「とにかく洗いやすい保存容器」

ダイソー「とにかく洗いやすい保存容器」100均
スポンサーリンク

100均のオススメキッチングッズを知りたい。

今回はダイソーの「とにかく洗いやすい保存容器」(楽ちんパック)を紹介します。

ダイソー「とにかく洗いやすい保存容器」
セリアでも取り扱っています。

今までタッパーといえば縁に溝があって、そこの洗い残しや乾き残りが気になっていました。
しかしこのダイソーの「とにかく洗いやすい保存容器」縁の溝が無いのでそのわずらわしさが一切ない!
ストレスフリーなタッパーなんです。

今回私は400mlを購入しました。(他のサイズも充実しています)
ワンコの手作りエサ入れにも活躍中。

それでは今回は「とにかく洗いやすい保存容器」を深掘りしていきます。

スポンサーリンク
「のはらねこ」は猫をメインテーマにしたブログです。ほかにも節約・100均についても強化中。現在、元ノラ猫の2匹の猫、クロちゃん・マロちゃんと暮らしています。ブログと猫たちの紹介

「とにかく洗いやすい保存容器」の特徴

洗いやすいことが大きな特徴!
▼このように蓋と容器の縁がフラット(平ら)になっています。

ダイソー「とにかく洗いやすい保存容器」

これがストレスフリーのヒミツです!

▼一般的なタッパーの縁。溝があります。
ダイソー「とにかく洗いやすい保存容器」

自然乾燥派の我が家では「タッパー乾いたかなー」と思って持ち上げたら水がぽたぽた・・・なんてことが日常茶飯事でストレスの一つでした。

しかしこの「とにかく洗いやすい保存容器」はそれが無い!

家のタッパー全て「とにかく洗いやすい保存容器」にしたいくらい…。

 

▼材質
原料樹脂:ポリプロピレン
耐熱温度:140℃
耐冷温度:‐20℃
管理人
管理人

フタをしたまま電子レンジOKです!

  • 日本製
  • 税込み各110円
  • 製造者:イノマタ化学株式会社

特許取得済みのようです。

スポンサーリンク

「とにかく洗いやすい保存容器」は食洗機の使用は?

食器洗浄機の使用はNGです。
手で洗いましょう。

そもそも洗いやすくできていることを大々的に謳っている商品ですし。

スポンサーリンク

「とにかく洗いやすい保存容器」は漏れる?

結論から言うと漏れました。

電子レンジで空気の膨張でふたが開くような開閉強度なのでお弁当箱や激しく動く場所に「とにかく洗いやすい保存容器」は向きません。

「とにかく洗いやすい保存容器」のサイズは?

私が今回購入したのはこちらの角型・400ml(2個組・税込110円)

ダイソー「とにかく洗いやすい保存容器」

小さな店舗では他にもご飯一膳用や小さなスクエアタイプもありました。

ダイソー「とにかく洗いやすい保存容器」

▼フタの色は白と黒の2種類がありました。
どちらもシンプルで飽きの来ないデザインです。
ダイソー「とにかく洗いやすい保存容器」

管理人
管理人

個人的には角型・400ml一択です。
大は小を兼ねるし、この大きさがあれば結構なんでもできる。

「とにかく洗いやすい保存容器」のメリットデメリットは?

  • メリット
    ・縁がフラットで溝が無いので洗いやすい
    ・縁がフラットで溝が無いので食べ物(ご飯粒など)が挟まることが無い
    ・自然乾燥で水が溝に残ることが無い
    ・フタをしたままレンジ加熱可能
  • デメリット
    ・特になし!

「とにかく洗いやすい保存容器」はどこで買える?値段は?

お近くのダイソーで!
小さな店舗でも余裕でありました。(ただサイズの種類は少ないかもしれません)

Amazonでも同じような商品がありました。
フタの色は違いますが製造会社が一緒の「イノマタ化学株式会社」です。(特許取得済なのであたりまえか)

2021年11月11日時点で4個入りで399円。

▼楽天市場で全く同じもの販売がありました。
が送料がかかりますので注意。

まとめ

ダイソー「とにかく洗いやすい保存容器」はタッパーの今までのイライラとサヨナラできる優秀商品です!!

▼理由

  • 洗いやすい!
  • 溝が無いので食べ物や、水が溜まる心配無し!

ダイソーセリアで購入できます。

  • サイズ:角形400ml(2個組)・ごはん一膳用(2個組)などさまざま
  • 価格:全て税込み110円

 

今回紹介したダイソー「とにかく洗いやすい保存容器」を使って作りおきレシピに挑戦するのはいかがでしょうか。

 

▼オススメの100均ダイソー猫のキッチン用品についてはこちらの記事をどうぞ。

【100均ダイソー】可愛い猫モチーフのグッズが充実しすぎている!

 

★100均商品についてはこちらの記事も参考にしてみてください。

※「タッパー」の補足

ご存じかもしれませんが「タッパー」は登録商標です。
商標名が一般名詞化してしまっているものの一つです。
今回便宜上「タッパー」という呼び名を使用させていただきました。

タイトルとURLをコピーしました