「牛乳仕込みのミルクチュロッキー」の感想・値段は?チュロッキーって何

牛乳仕込みのミルクチュロッキーグルメ
スポンサーリンク

今回は山崎製パンのパン(スイーツ?)の「牛乳仕込みのミルクチュロッキー」はを紹介します。
▼こちらです。
牛乳仕込みのミルクチュロッキー
サクッと系ドーナッツが大好きな私はこの形をみて「絶対おいしい」と確信し、購入に至りました。

結論として…
やっぱり美味しい!
甘くてサクッとしてコーヒーブレイクにもってこいです。
近くのドラッグストアで税込み105円でした。

今回は「牛乳仕込みのミルクチュロッキー」を深掘りしていきます。

スポンサーリンク
「のはらねこ」は猫をメインテーマにしたブログです。ほかにも節約・100均についても強化中。現在、元ノラ猫の2匹の猫、クロちゃん・マロちゃんと暮らしています。ブログと猫たちの紹介

「牛乳仕込みのミルクチュロッキー」の詳細

▼原材料
牛乳仕込みのミルクチュロッキー
▼カロリーなど
牛乳仕込みのミルクチュロッキー
ほっそりとした見た目ですがカロリーはほっそりしてないのでご注意を…。

スポンサーリンク

【豆知識】チュロッキーって何?チュロスとの違いは?

チュロッキーとテーマパークなどで販売しているチュロスの違いは呼び名だけでほぼ同じようです。

そもそもチュロスの発祥地はスペインです。スペインが中国の揚げパンを元に作られたのがチュロスと言われています。

また、チュロスという呼び方ですが、スペイン人やチュロスをよく食す人々たちの間ではチュロと呼ばれ、複数形だとチュロスとなります。

管理人
管理人

お皿に1個だけだとチュロ、2個以上ならチュロス

チュロッキーとドーナツとの違い

厳密に言うとドーナツチュロッキーは違いがあるようですが、この「牛乳仕込みのミルクチュロッキー」の原材料名には堂々と「ドーナツ」とありました…。

▼チュロスとドーナツの違い▼

チュロス

  • 小麦粉・砂糖・塩を混ぜ熱湯で練って作る
  • 粘り気のある生地のため油で揚げると破裂する
    そのため短時間で揚げることができる表面積の多いギザギザの星形になっている
  • もちっとした食感

 

ドーナツ

  • 小麦粉・水・砂糖・バター・卵・ベーキングパウダーで作った生地で油で揚げる
  • 生地が膨らむためフワッとした食感

今回食べた「牛乳仕込みのミルクチュロッキー」はもちっとしているわけではないし、やっぱりドーナツなのでしょう。
「チュロッキー」というの名前を借りたかっただけなのかも。響きが可愛いしね。

しかしややこしいです。

チュロス発祥の地だとそんなことは無いのだろうけど。

スポンサーリンク

食べた感想

▼ぎっしりみっちりな生地です。空気感がないとお得な気がするのは私だけか。
牛乳仕込みのミルクチュロッキー

管理人
管理人

甘い!うまい!
外はサクッ!

中も外も甘いです。
外側が結構甘いので中は甘さひかえめの生地でもよかった気もします。甘くないところがないのはちょっと疲れるかも。

しかしその分にが~いコーヒーと良く合います!脳や体が疲れた後はさらに美味しくいただけそう。

他社商品の比較【セブンプレミアム チュロッキー】

「セブンプレミアム チュロッキー」もオススメです。▼

チュロッキー

チュロッキー

セブンイレブンに行くと必ずと言っていいほどかごに入れます。

今回紹介した「牛乳仕込みのミルクチュロッキー」とよく似ている商品ですがそれもそのはず
同じ山崎製パンの製造でした。

ヤマザキの「ローズネットクッキー」、リョーユーパンの「マンハッタン」、ドラッグストアコスモス限定販売の「ニューヨークドーナツ」などの硬い系のドーナツが好きな方にオススメできます。

味的にはヤマザキの「ローズネットクッキー」に似ています。(これも毎回買ってしまいます、カロリーの恐怖はありますが…)

セブンのチュロッキーは3個入りがとってもうれしい。みなさんの感想によると凍らせても美味しいらしい…!

チュロッキー

管理人
管理人

こちらもぜひお試しください。

「牛乳仕込みのミルクチュロッキー」はどこで買える?値段は?

近くのドラッグストアで税込み105円でした。

個人的にそこまで安いと思っていないドラッグストアですのでもっと安く購入できるところがあるかもしれません。

Amazonでもあるにはありますが送料等がかかりちょっとお手軽感はありません…

まとめ

  • 「牛乳仕込みのミルクチュロッキー」は
    サクサクで甘くて美味しい!オススメです。
  • 「チュロッキー」と「チュロス」は呼び方が違うだけで同じものを指す。
  • 「チュロッキー」と「ドーナッツ」は厳密に言うと違うもの。

 

管理人
管理人

苦いコーヒーと相性ばつぐんです。

 

★オススメのコーヒーについての記事はこちらからどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました